月別アーカイブ: 4月 2012

Artist Special ~マイセン 「ヴェレンシュピール(波の戯れ)」を生んだアーティスト~

アーティスト紹介 vol.2

アーティスト紹介の第2回目は、マイセン磁器より、「ヴェレンシュピール(波の戯れ)」を生み出した、現代マイセンの造形部長である「ヨルク・ダニエルチュク」とアーティストの「ザビーネ・ワックス」を特集いたします。

ヨルク・ダニエルチュク(Joerg Danielczyk)
ヨルク・ダニエルチュク Jörg Danielczyk
1952年生まれ
現代マイセンの造形部長

1969年にマイセン磁器製作所に入り、造形家の修業をはじめ、1973年から活動を開始。1978年に「芸術の発展をめざすグループ」に入り、長年にわたりペーター・シュトラングとの共同作業を行う。同時期、ドレスデンの造形美術大学で彫刻を、その後、ハレ・ブルクギービッヒェンシュタインの大学で容器造型を学び、さらに経験を積みました。



現在ヨルク・ダニエルチュクは造形家、デザイナーとしてユニカートやシリーズ作品の制作にあたっています。
造形部門の責任者である彼は、様々な作品の制作にかかわっており、「波の戯れ」のフォームのほかに、「コミックバード」をオラフ・フィーバーとともに考案し、2012年 世界限定コレクションにも、彼の作品があります。


ザビーネ・ワックス(Sabine Wachs)
ザビーネ・ワックス Sabine Wachs
1960年ザクセン州のワルムスドルフ生まれ
1986年から2011年まで国立マイセン磁器製作所のアーティストとして活動

子供の頃から絵を描いたり、形を作ったりするのが大好きで、1978年の高校卒業後、コルディツの磁器工場とデーレンブルクのガラス工場で実習を行いました。ここでの経験が1979年からの大学生活に役立だったといいます。その後、ハレ・ブルク・ギービッヒェンシュタインの造形大学に入学し、ブリギッテ・マーン・ディーデリング教授、ハンス・メルツ教授、ハインツ・ヴェルナー教授のもとで絵付を学びました。


「ヴェレンシュピール(波の戯れ)」

「ヴェレンシュピール(波の戯れ)」は、21世紀のマイセンを担うアーティスト集団によって1996年に生まれました。
さざ波のようなレリーフがあるものと、レリーフのないものがあり、いずれも自然を感じさせるフォームが現代の暮らしにやすらぎを与えると人気を博しています。また、やさしいカーブによって飲んだ時の切れが良く、「用の美」も追求されています。

時をかけて生み出された21世紀を代表するテーブルウェアで、カップ&ソーサーのソーサーが独立したプレートとして使えるのも魅力的です。


ホワイト ティーカップ&ソーサー
品番:000000/29633

スイートピー ティーカップ&ソーサー
品番:68A087/29633

青い花 ティーカップ&ソーサー
品番:614701/28633

 


ホワイト ディッシュ
サイズ:径 15.5cm
品番:000000/53576

ホワイト ディッシュ
サイズ:横幅 26cm
品番:000000/53256

ホワイト プレート
サイズ:径 22.5cm
品番:000000/29472

 

今回、ご紹介をした商品は、ジーケーオンラインショップで取り扱っておりますこちらをご覧ください。
また、全国の主要百貨店でも商品をご購入いただけます。マイセンの取り扱い店舗はこちらでご確認いただけます。



※ 品切れとなった場合は、本国からの取り寄せとなるため、お届けまで数か月の日数を頂戴する場合がございます。
※ 百貨店により在庫状況が変動する場合がございます、万一品切れの際は、ご了承ください。

カテゴリー: アーティスト紹介, マイセン |