MEISSENメモ(10):カップ&ソーサーのフォーム

マイセンのカップ&ソーサーのフォームをご紹介します。

マイセンのカップでは、型番号00582 というフォームが最もよく知られています。これはコーヒーや紅茶がたっぷりはいるサイズで、ソーサーの容量とカップの容量が同じであることが大きな特徴です。
その昔、熱い飲み物に慣れないヨーロッパの人が、飲み物を一度カップからソーサーに移してさましてから飲んだため、という説が有力です。
香りを楽しむモカやエスプレッソ用のカップ(型番号00580)などは、食後に場を移して立って歓談しながら飲むことが多かったことと、普通のコーヒーより濃いことから型番号00582よりもかなり小さく、おしゃれな雰囲気になっています。
コーヒーカップ&ソーサー(型番号00582)の容量は、220ml。
モカカップ&ソーサー(型番号00580)の容量は、100ml。




MEISSENメモ(9):「狩り」の絵柄

マイセンの「狩り」の絵柄をご紹介します。
現代マイセンの偉大なアーティスト、ハインツ・ヴェルナー教授にはさまざまな「狩り」の絵柄があります。しかしそれは「動物を狩る」というよりも、森の中で狩人が動物と戯れる、というメルヘン的なものがほとんどです。例えば、プラーク「狩人と動物たち」(品番58263/687601A)。またモカカップ&ソーサー(品番682110/23580)には、動物たちと森の中で楽しく語り合ったという「狩人のほら話」が描かれています。いずれも「生きる喜びの表現」をめざしたヴェルナー教授独自の作品世界と言えるでしょう。同時に、写実的な「水辺の狩り」(絵柄番号682310)の静寂な世界も魅力的です。

絵付師 ハインツ・ヴェルナー教授

絵付師 ハインツ・ヴェルナー教授
Prof. Heinz Werner

1928年 マイセン近郊コスヴィヒ生まれ。1943年にマイセン製作所にはいったヴェルナーは、はやくから動物や鳥の絵付けで頭角をあらわし、すでに1953年には装飾家として認められています。1959年から1962年までは、製作所の活動と平行して、ドレスデン造型大学で学びました。1959年に「芸術の発展をめざすグループ」の設立メンバーとなり、多くの全く新しい作品や、陶板画など磁器芸術に新境地をひらきました。「千夜一夜」「真夏の夜の夢」「狩り人シリーズ」「ブルーオーキッド」「アーモンドの樹」など、現代マイセンの代表作となったヴェルナーの作品は枚挙にいとまがありません。メルヘン、幻想、自然の光と影、夢、それらを生命の充溢の中に描いていきます。




メディア情報:PROUD 11月号

発行社名:野村不動産
発行日:2014年10月20日号
PROUD CLUB(プラウドクラブ)ウェブサイト

PROUD 11月号 表紙

 
 
「PROUD」は、野村不動産が運営する会員サービス「PROUD CLUB」の会報誌です。
新しいライフスタイルのヒントと住まいに関する最新情報を掲載したライフスタイルマガジンです。
 
表紙に、ドームのボウル「イチョウ」が掲載されました。
 


ボウル「イチョウ」

*古代からその形状を変えないとされるイチョウは、種を蒔くと孫の代に実がなるため、長寿の木といわれています。ドームのボウル「イチョウ」は、紅葉前の蒼くみずみずしいイチョウの葉をモチーフにした、大変ユニークなコレクションです。ターコイズ・ブルーとイエロー・グリーンの鮮やかな色調が、食卓を華やかに演出します。
径: 29cm 価格:300,000円(税別)
 
*ドームの製品は、直営店 ドーム リーガロイヤルショップ(大阪)や、全国主要百貨店 でお求めいただけます。


*マイセンの製品は、マイセンオンラインショップ や、アマゾン「MEISSEN MANUFACTORY SINCE 1710 」
楽天市場「マイセン磁器日本総代理店」 、または、マイセン リーガロイヤルショップ全国主要百貨店 でお求めいただけます。





  *マイセンの日本公式SNS
オンライン上でもマイセンの世界をお楽しみください。
 



カテゴリー



アーカイブ




gk japan

GKジャパンエージェンシー株式会社
Copyright © GK Japan Agency Co.,ltd. All Rights Reserved.