月別アーカイブ: 6月 2015

メディア情報:ELLE mariage No.22

出版社名:ハースト婦人画報社
2015年6月22日発売号
ELLE mariage(エル・マリアージュ)ウェブサイト

ELLE mariage No.22 表紙


 
『ELLE mariage』は、45地域で発行されている
世界最大のネットワークを持つ女性誌『エル・ジャポン』から
派生したウエディングマガジンです。
結婚準備中の読者にとって最大の関心事であるドレスやリング、
ヘアメイクやブーケ、会場、新生活まで、
おしゃれ偏差値の高い『エル』のエスプリを軸に、
センスのいいウエディングスタイルを提案しています。
国内外問わず世界中から集めた上質な最旬情報を、
洗練された美しいビジュアルとともにお届けしています。
 
 
◆273ページの「おしゃれ花嫁の最旬ギフト40選」に、
テレジアンタール「メロディー」のシャンパングラスが掲載されました。


テレジアンタール「メロディー」シャンパングラス


テレジアンタール「メロディー」のシャンパングラスは、軽やかな五線譜をイメージしたモチーフが可愛らしいコレクションです。スマートなカップと、ヴェネチアングラスの影響を感じさせるステム中央の球が特徴です。軽く実用性にも優れたフォームは、テレジアンタールの長い歴史の中で磨かれ現在まで受け継がれた伝統のデザイン。飲み物の色をより一層引き立て、食卓を華やかに演出してくれることでしょう。
品番:0710/12、高さ:約20.6cm、価格¥28,000(税別)
 
*テレジアンタールの製品は、全国主要百貨店 や、ジーケージャパンオンランショップ でお求めいただけます。

カテゴリー: テレジアンタール, メディア情報 |

メディア情報:東京カレンダー 8月号

出版社名:東京カレンダー
2015年6月20日発売号
東京カレンダー ウェブサイト

東京カレンダー 8月号 表紙

 
『東京カレンダー』のコンセプトは、「忙しい人ほど、遊んでいる」。
バリバリ働き、そしてよく遊ぶ。
劇的な進化を遂げる「東京」を動かすニューリーダーを
“東京GENTS”と称し、彼らを主役としたストーリー性をもたせた記事で
読者の購買意欲を刺激しています。
真のグルマンでもある読者が興味を持つコンテンツを、
幅広く紹介しています。
 
 
◆67ページの「家のみこそがグラスが大事!」に、
マイセングラス「波の戯れ」のビアグラスが掲載されました。


マイセングラス「波の戯れ」ビアグラス


マイセングラス「波の戯れ」は、チェコの名門「モーゼル社」と提携して生まれました。マイセンのアーティストがデザインした「波の戯れ」のレリーフを、モーゼルの名工たちが繊細なグラスに作り上げています。口元のさりげない曲線とさざ波のレリーフが美しい光彩を放ちます。マイセン磁器の双剣マークがプレートにはいっています。
サイズ:高さ 17.5cm、容量 350ml
 
*マイセンの製品は、全国主要百貨店 でお求めいただけます。

カテゴリー: メディア情報 |

MEISSENメモ(22):マイセン「動物彫像」のご紹介

マイセンの「動物彫像」のご紹介をします。
犬や猫、馬などと共に、マイセンには彫像「インドサイ」や花瓶「アフリカ」、限定作品「猿」像など、アフリカやインドに取材したものもあります。これは、マイセンの創始者、アウグスト強王の好奇心から生まれたと言ってよいでしょう。王はアフリカへ遠征隊を出して動物をドレスデンに集めたり、
版画や学術書から、見たこともない大きな動物の像を作らせたりしました。それが、マイセン磁器にエキゾチックな世界を築き、今日に至っています。


*「インドサイ」(商品番号78640/999982)。紀元80年、ローマ皇帝ティトゥスによって初めてヨーロッパにもたらされたインドサイ。その銅版画をもとに1732年、ヨハン・ゴットリープ・キルヒナーがマイセン磁器による大きなサイを作り上げました。2010年、マイセン磁器製作所はこの記念碑的作品を小さなサイズで発表しました。それはアルブレヒト・デューラーの有名な木版画の手本となり、1583年にはアブラハム・デ・ブルンが銅版画にしています。高さ:28cm
*花瓶「アフリカ」(商品番号51189/299384)。蓋上に猿を載せたユニークな花瓶。アウグスト強王は「アフリカ」という未知の大陸に大変興味をもち、遠征隊を派遣して珍しい動植物を集めました。この花瓶では、その独創的な絵付だけでなく、面を360度使っていることにも大きな特色があります。しかし、なんといっても目をひくのはユーモラスな猿の姿でしょう。果物を手に上を見上げるような仕草が、のどかで平和な森の光景を彷彿とさせます。高さ:43cm
*限定作品「猿」像(商品番号78583/900384)。ロココ様式の台座に座り、美味しそうな果物を食べようとしている猿。マイセンのアフリカシリーズにも同じような猿を見ることができます。異国の動物への興味から、アフリカへ遠征隊まで出させたというアウグスト強王のお膝元ならではのデザイン。真剣な表情が思わず微笑みを誘います。高さ:7cm

カテゴリー: MEISSENメモ, マイセン |