月別アーカイブ: 12月 2015

MEISSEN 2015年世界限定作品:ゴツコフスキー デジュネ「イタリア喜劇」

300年以上の長きにわたり、芸術的な名品を創り続けてきた、国立マイセン磁器製作所―。膨大な量の資料と原型をもとに毎年発表される復刻作品や新作は、すでにコレクターの間で確固たる評価と地位を得るに至っています。 芸術品と呼ぶにふさわしい作品群からは、マイセンの高い技術と伝統が伝わってきます。
 
今回は、マイセンの2015年世界限定作品の中から、ゴツコフスキー デジュネ「イタリア喜劇」をご紹介します。

ゴツコフスキー デジュネ「イタリア喜劇」


ゴツコフスキー デジュネ「イタリア喜劇」*世界限定25点
このサーヴィスセットは、ベルリンの豪商ヨハン・エルンスト・ゴツコフスキー(1710-1775)の注文によって1741年にデザインされました。ゴツコフスキーは、装身具や宝石の商人として自分の工房を持ち、フリードリッヒ大王(1712-1786)の宮廷御用達という昇進を遂げていました。一代で財を成したゴツコフスキーは、「磁器病み」を自称したアウグスト強王(1670-1733)と同じく磁器と美しい芸術に取り付かれていました。当時の流行のように、このサーヴィスセットもレリーフと花で装飾されています。新しい解釈によって、このセットにはイタリア喜劇の登場人物たちが描かれました。ヴェニスを背景に、夕日に長い影を落とすイタリア喜劇の人々は、マイセンにとって一つのテーマであり、それは長い伝統となりました。「コメディア・デラルテ」と呼ばれるイタリア喜劇は、イタリアの民衆劇から生まれ、登場人物は仮面をつけ、役柄によってその性格が決まっています。バロック様式の時代の王侯貴族たちは、このイタリア喜劇を大変好みました。もともとの中心地はナポリとヴェニスでしたが、旅芸人たちは即興で路上でも喜劇を演じたものです。ここに描かれている人々もその仕草に倣っています。普通の民衆に属するアルレッキーノ、民衆と争う上流階級。傲慢や思い上がりで面白おかしく争います。美しい色彩のコスチュームや、それぞれのキャラクターが身に着ける仮面や仕草が、偉大な造形家ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー(1706-1775)やペーター・ライネッケ(1717-1768)までも魅了し、すべての登場人物が磁器の人形になりました。フランス革命によって幕を閉じた「コメディア・デラルテ」。バロック様式のデジュネに描かれた新しいデザインは、今、見る価値のある新しい「演出」を得ました。商品番号:29A284/C0801

カテゴリー: マイセン |