月別アーカイブ: 4月 2016

メディア情報:25ans 6月号

出版社名:ハースト婦人画報社
2016年4月28日発売号
25ans(ヴァンサンカン)ウェブサイト

25ans 6月号 表紙


 
 
「25ans」は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のゴージャスを体験するための情報 を発信する、
世界で認められたラグジュアリー マガジンです。
 
57ページの「25ans 外商部 Interior」に、
ドームの新作、オーナメント「ダンス オブ タイム」が掲載されました。
 
 
 
 
 
 
 
 

オーナメント「ダンス オブ タイム」


ドームとサルバドール・ダリとのコラボレート作品
オーナメント「ダンス オブ タイム」

ドームは、1968年からダリとのコラボレーションを続けてきました。そして今春ドームは、1931年にダリが描いた絵画「記憶の固執」のモチーフをテーマに「ダンス オブ タイム」を発表しました。踊るように柔らかく曲がった時計のオーナメントは、ダリの絵からそのまま飛び出してきたようです。ドームらしいアーティスティックで遊び心にあふれた作品。ダリならではの不思議に満ちたユニークな世界をお楽しみください。
品番:05461、高さ:10.5 cm、価格:¥60,000(税別)
 
ドームの「ダンス オブ タイム」は、直営店 ドーム リーガロイヤルショップ(大阪)でお求めいただけます。

カテゴリー: ドーム, メディア情報 |

メディア情報:Bon Chic  Vol.13

出版社名:主婦の友社
2016年4月26日発売号
Bon Chic ウェブサイト

Bon Chic Vol.13 表紙


 
『Bon Chic (ボンシック)』は、
フランス語のBCBG(趣味のいい暮らし)からとった言葉。
自分のスタイルをもった暮らし上手な読者へ向けた、
インテリアとライフスタイルの情報誌です。
キーワードは、「大人のエレガント」。
インテリアと暮らしをランクアップする情報をお届けしています。
 
50~57ページの「愛され続けるヨーロッパの食器ブランド」に、
マイセンと、ベルナルドのテーブルウェアが紹介されました。
 
 
 
 
 


◆マイセン◆

コスモポリタン


マイセンの中でも、コンテンポラリーなデザインとモダンなスタイルが特徴の「コスモポリタン」。そのルーツはマイセンの創始者、アウグスト強王が、硬質磁器が誕生する前に「金のコーヒーセット」を作らせていたことにあります。アウグスト強王は国際人(コスモポリタン)の一人として、当時もっとも洒落た方法であった洗練されたサーヴィス・セットでトルコ産のコーヒーやアジアのお茶、ホットショコラを楽しんだとされています。「コスモポリタン」はその史実にインスピレーションを得たコレクションです。さまざまなサイズ、色や柄が揃い組み合わせてお楽しみいただけます。

スワン ホワイト


「スワイン ホワイト」は、18世紀のヨーロッパ磁器芸術の頂点と言われる「スワンサーヴィスセット」のものです。オリジナルは2,000以上のピースから成り、現在完全な形では遺されていません。マイセンの監督官であり、ザクセンの財務大臣であったハインリッヒ・フォン・ブリュール伯爵の注文により創作されました。伯爵の庭園の噴水や、ブリュールという名前が「湿地」に由来することから、「水」をテーマに、永遠の命の象徴とされるスワン、ガラテア、魚、貝などが立体的に表現されています。 白磁でご紹介する「スワン ホワイト」。優雅なスワンがくっきりとレリーフに浮かび上がりこの上なくエレガントです。

金彩小花


 
 
 
「金彩小花」。バロックを思わせる豪華なフォームに、可憐なビーダーマイヤー式の小花柄が絶妙な調和を見せてます。盛り上がったように施された金彩も特徴的で、艶のある金とマットな金により荘重な雰囲気が生まれています。小花は結婚式のバージンロードに散らす花であり、愛と平和の象徴としてこの時代に愛好されていました。また東洋への憧れから生まれたマイセンは、その誕生前に「金彩細工」の伝統を有していました。ザクセン侯国の豊富な金銀財宝を際立たせようと、マイセンの創始者アウグスト強王の宮廷には優れた金銀細工師たちが働いておりこの豪華な「金彩」にもそうした宮廷の伝統がはっきりと見受けられます。東洋の焼物が、ヨーロッパの宮廷で文字通り花開いたようなこのシリーズは、宮廷文化のひとつの頂点ともいえます。華やかな宮廷のさざめきが聞こえてくるようです。
 
 
*マイセンの製品は、全国主要百貨店 でお求めいただけます。


◆ベルナルド◆

エキュム


海辺の水泡から着想された「エキュム コレクション」。 砂浜に打ち寄せた波の跡を表現しています。マットとシャインのコンビネーションが新鮮です。 水泡のレリーフが光をきらきらと反射し、あらゆる食卓を華やかに演出してくれます。

ルーブル


 
「ルーブル コレクション」。16世紀から18世紀にかけて建造されたルーブル宮。その外壁は、数々の美しいレリーフで飾られています。ルーブルコレクションは、各アイテムごとにそのレリーフのパターンをモチーフにデザインされました。
リモージュらしい繊細な白磁に施されたレリーフが午後の光に映えて、豊かな表情をたたえます。
 
 
 
 
 
 
 
 

ギャラリー・ロワイヤル


「ギャラリー・ロワイヤル」。フランス人デザイナー、オリヴィエ・ガニエールによりデザインされたコレクションです。フランスらしいモダンなセンスに溢れたデザインと色彩が特徴です。かつてパリのロワイヤル通りにあったサロン・ド・テ・ベルナルドのためにデザインされました。スタイリッシュなフォームに、幅広のストライプを組み合わせた小粋なスタイルをお楽しみください。
 
 
 
 
 
 
 
 

左「エレディア」、右「カルダゴ」


ベルナルドを代表するデザイナー、オリヴィエ・ガニエールがデザインしたモダンなエスプレッソカップ&ソーサーに、今春、新しい柄「カルタゴ」と「エレディア」が登場しました。「カルタゴ」のウィンドウペンチェック柄の落ち着いた深みのある「ガランス(あかね色)」は、パリの流行色。「エレディア」のストライプ柄の「インディアン ブルー(インド洋の青)」は、ベルナルドが総力を挙げて開発しこれまでは出せなかったニュアンスに満ちた色彩を出すことに成功しました。どちらも手で描いたような少しふぞろいの柄が新鮮な印象です。(「カルタゴ」とは、現在のチュニジア共和国の古代都市国家のこと。「エレディア」とは、コスタリカの州都の名前。オリヴィエ・ガニエールは、コレクション名に地名をよくつけますが、内容とは直接の関連性はありません。)
 
 
 
*ベルナルドの製品は、直営店 ベルナルド リーガロイヤルショップ(大阪)や、全国主要百貨店 でお求めいただけます。
*また、ジーケージャパン・オンラインショップでもお求めいただけます。

カテゴリー: ベルナルド, マイセン, メディア情報 |

MEISSEN 2016年世界限定作品:デジュネ「タブレット付きデジュネセット」

300年以上の長きにわたり、芸術的な名品を創り続けてきた、国立マイセン磁器製作所―。膨大な量の資料と原型をもとに毎年発表される復刻作品や新作は、すでにコレクターの間で確固たる評価と地位を得るに至っています。 芸術品と呼ぶにふさわしい作品群からは、マイセンの高い技術と伝統が伝わってきます。
 
今回は、マイセンの2016年世界限定作品の中から、デジュネ「タブレット付きデジュネセット」をご紹介します。

デジュネ「タブレット付きデジュネセット」


デジュネ「タブレット付きデジュネセット」*世界限定25点
18世紀のヨーロッパにおいて、王侯貴族しか味わうことのできなかったホットショコラ。この美しいデジュネセットは、それを楽しむために1745年頃作られた作品の復刻版です。原型が失われていたため、今回特別に原型を復刻するところから行なわれました。昔の銅板画を思わせる古典的な絵付で描かれたヒヤシンスは愛情を、バラは美を、カーネーションは友情を象徴しています。商品番号:20A484/C5524

カテゴリー: MEISSENメモ, マイセン |

メディア情報:ミセス 5月号

出版社名:文化出版局
2016年4月7日発売号
ミセス ウェブサイト

ミセス 5月号 表紙


 
創刊1961年、『ミセス』は毎日の暮らしに
美しさ、豊かさを求めるすべての大人の女性に上質な情報を、
洗練されたビジュアルでお届けしている女性誌です。
 
 
表紙には、マイセンのコスモポリタンのティーカップ&ソーサーが、
141ページの「紅茶を楽しむ器と道具」には、
マイセンのブルーオニオンのティーポットとウォーマー、
テレジアンタールのバッカスのタンブラーが、
154ページの「コーヒーを楽しむ器と道具」には、
マイセンの波の戯れのモカカップ&ソーサー、
コーヒーポット、クリーマー、シュガーが掲載されました。
 


コスモポリタン ティーカップ&ソーサー


マイセンの中でも、コンテンポラリーなデザインとモダンなスタイルが特徴の「コスモポリタン」。そのルーツはマイセンの創始者、アウグスト強王が、硬質磁器が誕生する前に「金のコーヒーセット」を作らせていたことにあります。アウグスト強王は国際人(コスモポリタン)の一人として、当時もっとも洒落た方法であった洗練されたサーヴィス・セットでトルコ産のコーヒーやアジアのお茶、ホットショコラを楽しんだとされています。「コスモポリタン」はその史実にインスピレーションを得たコレクションです。さまざまなサイズ、色や柄が揃い組み合わせてお楽しみいただけます。
*「コスモポリタン」シリーズは、コチラをご覧ください。


ブルーオニオンのティーポットとウォーマー


マイセンを代表する柄「ブルーオニオン」。染付の青と白磁の調和の取れた美しさは歳月を超え根強い人気があります。1739年にクレッチマーが中国写しの染付の技法を生かして完成させた「ブルーオニオン(青いたまねぎ模様)」。この呼称は、ドイツ人が柘榴(ザクロ)を玉ネギと間違えたため、という説明が定説になっています。中国のお皿に写実的に描かれた柘榴は、マイセンでも初期の頃には忠実に真似られていました。しかし、それもつかの間、見慣れぬ果物は馴染み深い玉ネギに姿を変え、桃のような果物、そして竹がバランスよく配置されることになりました。
*「ブルーオニオン」のシリーズは、コチラをご覧ください。


波の戯れのシリーズ


マイセン「波の戯れ」。さざ波のようなレリーフがモダンなフォームに映え、「用と美」の完全な一致を感じさせるシリーズです。マイセンの食器のフォームには、自然から題材を得たものが数多くありますが、この「波の戯れ」もそのひとつです。水面に生まれるさざ波が清冽な印象を与えるレリーフや、花のつぼみや茎を連想させるフォームが大きな特徴。風によって水面にさざ波がたつように、白磁の上を波のようなレリーフが浮かんでいます。
*「波の戯れ」のシリーズは、コチラをご覧ください。
 
 
*マイセンの製品は、全国主要百貨店 でお求めいただけます。


テレジアンタールのバッカス シリーズ


テレジアンタール「バッカス」。19世紀の歴史主義を代表する古典的なフォームに、ロゼッタとお揃いのリボンが巻かれています。伝統と同時に洗練されたモダニズムも感じられ、まさにテレジアンタールを代表するシリーズです。バッカスとは、ローマ神話の「ぶどう酒の神様」。左側の3色が掲載されました。ブルーはマイセンとコレボレートしたグラスで、テレジアンタールとマイセンのロゴがはいっています。
*「バッカス」シリーズは、コチラをご覧ください。
*マイセンとコラボレートした「バッカス」シリーズは、コチラをご覧ください。
 
*テレジアンタールの製品は、全国主要百貨店 、及びジーケーオンラインショップでお求めいただけます。

カテゴリー: テレジアンタール, マイセン, メディア情報 |

メディア情報:フローリスト 4月号

出版社名:誠文堂新光社
2016年3月8日発売号
フローリスト ウェブサイト

フローリスト 4月号 表紙


 
 
『フローリスト』は、フラワーデザイナーをはじめ、
花のプロを目指す人、家庭での花飾りを楽しむ人のための 、
花のアートとビジネスの月刊雑誌です。
 
 
 
80ページの花千代の花でおもてなし「フレンチリビエラな気分で シャガールプレートの食卓」で、ベルナルドのシャガールコレクションのプレート「パレットを持った画家」が掲載されました。
 
 
 
 
 
シャガールコレクション、プレート6枚セット
恋人たちや動物を描いた色調豊かなシャガールのデッサンが、6枚セットのディナープレートになりました。食卓以外にも、インテリアを彩るアイテムとしてふさわしいコレクションです。商品番号:0088/13-6、サイズ:径26cm
©SPDA Tokyo 2016-Chagall®


【ベルナルドのシャガールコレクション】について
20世紀フランス絵画を代表する画家、マルク・シャガール。
彼はその生涯を通じて、絵画を自身の表現手段として選びました。「私にとって絵を描くことは、食べることより大切なこと。絵画は私にとって窓のようなもの。その窓から、私は別の世界に飛び立つのだ。」絵画への情熱をこう表現したシャガールの魔法は、デッサン、素描、水彩画、パステル画、墨絵の中に様々な形で現れています。夢の世界を語るばかりでなく、思いがけない試みや、大胆な発想を恐れず行動したシャガール。そうした彼のメッセージを多くの人と共有し、シャガールへの認識を今日的な観点で新たに広めることを目的とするマルク・シャガール財団は、シャガールのあまり知られていない作品をより多くの方に紹介すべく、アーカイブの中からデッサンを厳選し、今回の「Collection Marc Chagall」の制作をベルナルドに託しました。そこでは、夫婦、花、動物といったシャガールにとって大切なテーマが、優しさ、奔放な想像力、詩情を交えて描かれています。そして、それぞれのピースがベルナルドの高度な技術を駆使して、色彩の魔術師と呼ばれた彼独特の色使いに忠実であるよう制作されました。シャガールは次のような言葉も残しています。「人生では、様々な相違が生まれる。そうした不一致なくして芸術は考えられず、不完全だ。」磁器上にシャガールのコレクションを復刻する事を託されたベルナルド社だからこそ実現できた、アートな磁器をご堪能ください。
 
*ベルナルドのシャガールコレクションの全シリーズは、コチラをご覧ください。
*ベルナルドの製品は、直営店 ベルナルド リーガロイヤルショップ(大阪)や、全国主要百貨店 でお求めいただけます。

カテゴリー: ベルナルド, メディア情報 |