月別アーカイブ: 8月 2016

MEISSEN 2016年世界限定作品:花瓶「ベールを持って踊るニンフ」パト・シュール・パト

300年以上の長きにわたり、芸術的な名品を創り続けてきた、国立マイセン磁器製作所―。膨大な量の資料と原型をもとに毎年発表される復刻作品や新作は、すでにコレクターの間で確固たる評価と地位を得るに至っています。 芸術品と呼ぶにふさわしい作品群からは、マイセンの高い技術と伝統が伝わってきます。
 
花瓶「ベールを持って踊るニンフ」パト・シュール・パト*世界限定25点

花瓶「ベールを持って踊るニンフ」パト・シュール・パト


1774年から1792年、フランスからルイ16世にちなんだルイ16世様式がはいってきました。マイセンの磁器芸術もこの様式の典型的な要素を良く伝えています。幾何学的なフォーム、花綱、雷文、メダル型、寓意的な装飾などがこの時代の特徴です。特にエレガントなオブジェとして成功したのが、卵型の花瓶に蛇の取手をつけた1781年頃のヨハン・カール・シェーンハイトの蓋付花瓶です。プットーのような天使と鳩が花瓶の背面に描かれていますが、これはバロック様式の時代にもロココ様式においても好まれたものでした。踊るニンフはそれに続く時代の装飾ヴァリエーションです。ニンフはドレスデンの磁器美術館に所蔵されている花瓶に見られ、おそらくはマイセンのアーティスト、ルードヴィッヒ・シュトルム(1844~1926)に遡ります。シュトルムは1893年のシカゴ万国博覧会で大成功を収めました。高度な技術を要する芸術的なパト・シュール・パト絵付が、重ねづけされたモチーフを浮かび上がらせています。絵付師は繊細な筆運びによって、液体状の磁土を一層ごとに重ねていきます。それによって、動きのあるニンフの衣装の襞やベールの、繊細で自然なレリーフが生まれます。芸術的に形づくられた蛇は、誘惑のシンボルであり、ニンフと関連しています。高価な本体は、立体的な取手やレリーフ、レース装飾、そして絵付と構成的な一致を見せています。300年以上を数えるマイセン磁器芸術の逸品と言える作品です。商品番号:59233/892784、高さ:32cm
 
【マイセンとフランス宮廷のご紹介】
マイセンとフランス宮廷には深いつながりがあります。マイセン磁器の生みの親であるアウグスト強王の数多い孫の一人、マリア・ヨゼファがルイ15世の王太子に嫁いでいるのです。そして、マリー・アントワネットが嫁いだルイ16世の生母となっています。マイセンとフランスを結ぶ絆はその時に深く、強くなりました。この世界限定作品花瓶「ベールを持って踊るニンフ」パト・シュール・パトも、そのような歴史を感じさせる逸品です。

カテゴリー: マイセン |

MEISSEN 2016年世界限定作品:ディッシュ「スワンサーヴィス」

300年以上の長きにわたり、芸術的な名品を創り続けてきた、国立マイセン磁器製作所―。膨大な量の資料と原型をもとに毎年発表される復刻作品や新作は、すでにコレクターの間で確固たる評価と地位を得るに至っています。 芸術品と呼ぶにふさわしい作品群からは、マイセンの高い技術と伝統が伝わってきます。
 
ディッシュ「スワンサーヴィス」*世界限定50点

ディッシュ「スワンサーヴィス」


1737年から1742年にかけて作られたバロック磁器芸術最大の作品「スワンサーヴィスセット」。マイセンの監督官であり、財務大臣であったハインリッヒ・フォン・ブリュール伯爵(1700-1763)の注文で作られたもので、オリジナルは2,000以上のピースから成る壮大なテーブルウェアです。今回はその中から大きなディッシュが、世界限定作品として復刻されました。この大きな楕円形のプレートは、マイセン磁器芸術のすべての観点を一つにしています。中央には、清らかな白鳥が二羽、レリーフで刻まれています。リズミカルな波、貝、葦、そして鷺が回りに配され、左右に伸びた葉のついた芸術的な枝が取手の役割を果たしています。これ以上ない繊細さで描かれたインド文様の花絵付と、ブリュール伯爵の組み合わせ紋章が、惜しげもなく金が施された縁の部分を装飾しています。商品番号:398184/05297、長径:39cm

カテゴリー: マイセン |

MEISSENメモ(39):マイセン「スワンサーヴィスセット」のご紹介

マイセンの 「スワンサーヴィスセット」をご紹介します。
「サーヴィスセット」とは、コーヒー、紅茶やディナーを供するための食器セット一式のこと。皿やカップ類だけでなく、ソース入れや塩入れなど、多くの食器を包括しています。マイセンでは、ヨハン・ヨアヒム・ケンドラーが生み出し、ヨーロッパの後の卓上文化に大きな影響を与えました。ブリュール伯爵の注文で作られた「スワンサーヴィスセット」は、エルミタージュ美術館とドレスデン陶磁美術館がその一部を所有していますが、現在では完全な姿でこの2,000ピースを見ることはできません。「スワンサーヴィスセット」は、フランシス・バローの絵画がモチーフになっていますが、伯爵の庭園の噴水や、ブリュールという名前が「湿地」に由来することから、「水」をテーマに、永遠の命の象徴とされるスワン、ガラテア、魚、貝などが立体的に表現されています。「スワンサーヴィスセットがなければ、ロココ時代はまったく貧弱なものになってしまったであろう。」と、有名な磁器研究家、オットー・ヴァルヒャは断言しています。

スワンサーヴィスセット


*白磁の「スワン ホワイト」をマイセンサイト でご覧いただけます。
*マイセンの製品は、全国主要百貨店 でお求めいただけます。

カテゴリー: MEISSENメモ |