月別アーカイブ: 9月 2016

メディア情報:Richesse No.17

出版社名:ハースト婦人画報社
2016年9月28日発売号
Richesse(リシェス)ウェブサイト

Richesse No.17 表紙


 
『リシェス』は、フランス語で「裕福」、「豊かさ」を意味する
タイトルに相応しく、本物かつ極上の情報を
トップクラスの富裕層の方々へお届けしています。
 
376ページの「Time for a Treat」に、
テレジアンタールのグラス
「バッカス ブルー」「バッカス グラヴィール」が掲載されました。
 
 
 
 
 
 
 

バッカス ブルー、バッカス グラヴィール


「バッカス ブルー」
国立マイセン磁器製作所とテレジアンタールのコラボレーションで、テレジアンタールのロゴと、マイセン磁器の双剣マークがはいっています。19世紀の歴史主義を代表する古典的なフォームに、ロゼッタとお揃いのリボンが巻かれています。伝統と同時に洗練されたモダニズムも感じられ、まさにテレジアンタールを代表するシリーズです。バッカスとは、ローマ神話の「ぶどう酒の神様」。脚がないタイプで、食卓の雰囲気を変えるのにぴったりです。掲載されたワインタンブラー(大)の他に、 リキュールタンブラー、ワインタンブラー(小)、シャンパンタンブラー、 ゴブレット、ボウル(小)、ボウル(大)の全7アイテムがあります。
 
「バッカス グラヴィール」
このシリーズも国立マイセン磁器製作所とテレジアンタールのコラボレーションで、テレジアンタールのロゴと、マイセン磁器の双剣マークがはいっています。19世紀の歴史主義を代表する古典的なフォームに、テレジアンタール伝統の小鳥と花がグラヴィールされています。伝統と同時に洗練されたモダニズムも感じられ、まさにテレジアンタールを代表するシリーズです。バッカスとは、ローマ神話の「ぶどう酒の神様」。脚がないタイプで、食卓の雰囲気を変えるのにぴったりです。アイテムの種類も掲載されたワインタンブラー(大)の他に、 リキュールタンブラー、ワインタンブラー(小)、シャンパンタンブラー、 ゴブレット、ボウル(小)、ボウル(大)の全7アイテムがあります。
 

グラスの底面に入れられた2つのロゴマーク


 
 
グラスの底面には、国立マイセン磁器製作所とテレジアンタールのコラボレーションの証として、マイセン磁器の双剣マークと、テレジアンタールのロゴが入っています。
 
 
テレジアンタールの製品は、全国の主要百貨店、及びジーケージャパンオンラインショップでお求めいただけます。

カテゴリー: テレジアンタール, メディア情報 |

MEISSEN 2016年世界限定作品:貼花花瓶

300年以上の長きにわたり、芸術的な名品を創り続けてきた、国立マイセン磁器製作所―。膨大な量の資料と原型をもとに毎年発表される復刻作品や新作は、すでにコレクターの間で確固たる評価と地位を得るに至っています。 芸術品と呼ぶにふさわしい作品群からは、マイセンの高い技術と伝統が伝わってきます。
 
貼花花瓶*世界限定25点

貼花花瓶


丸みを帯びた優しいフォームに貼り巡らされた小さな花々よりも、この花瓶を美しく飾る生花はないことでしょう。これは、マイセンの色絵用顔料の開発がまだ初期段階に過ぎず、立体的な飾りが主であったマイセン黎明期の芸術的創造物です。ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト(1696~1775 )によって16色の焼成に耐える顔料が開発されて初めて、細かな絵付が可能になりました。そしてシノワズリーや港湾風景、インドの花と呼ばれる花文様が描かれるようになりました。それから間もなく、植物学者や昆虫学者がそのエキゾチックな発見を銅版画などに著し、マイセンの絵付師たちに多くの刺激を与えたのです。すでに18世紀にはマイセンは数多くの彩色された銅版画を所有していました。花瓶の上に立体的につけられた花頭が磁肌に描かれた花を開花させ、それによって絵付と造形の芸術が一つになっています。間を飛び交う蝶がアクセントになり、高カラットの金で彩られた縁が芸術的な枯れることない花の輪舞を枠取っています。(商品番号:82800/908284、高さ:26cm)

カテゴリー: マイセン |

MEISSEN 新作 ドクター人形「内科医」

マイセン の新作、ドクター人形「内科医」をご紹介します。
マイセンのトップアーティスト、ヨルク・ダニエルチュク氏によるドクター人形が誕生しました。内科医からスタートし、外科医、耳鼻咽喉科医、と続くシリーズ作品です。初年度(2016年)の内科医は、優しい表情が特徴的です。胸元には聴診器、背面には薬草や注射器など、内科医を象徴するものが添えられています。9月より全国の主要百貨店で販売しています。(品番:73618/901300、高さ:19cm)

ドクター人形「内科医」




ヨルク・ダニエルチュク氏


ヨルク・ダニエルチュク氏
1952年生まれ。1969年にマイセン磁器製作所に入り、造形の修業をはじめる。1973年から活動を開始。1978年に「芸術の発展をめざすグループ」に入り、長年にわたりペーター・シュトラングとの共同作業を行う。同時期、ドレスデンの造形美術大学で彫刻を、その後ハレ・ブルクギービッヒェンシュタインの大学で容器成型を学び、さらに経験を積む。現在は、造形師、デザイナーとして芸術的作品の制作にあたっている。彼のモダンな感性はファッションブランドとのコラボレーションなどでも発揮されている。
 
 
 
 
 
 
 
*マイセンにはドクターをモチーフとした作品が他にもあります。
手びねり人形 「ドクター」
マイセンのアーティスト、オラフ・フィーバーがデザインしたユーモラスなドクターたち。整形外科、内科、耳鼻咽喉科、眼科、歯科、産婦人科が勢ぞろいしたユニークな手びねり人形です。石膏型を使用せず、手で磁土をこねて作り上げる「手びねり人形」は、豊かな表情が人気です。左から、整形外科医(品番:83345/900300、高さ:8.5cm)、内科医 (品番:83342/900300、高さ:9cm)、耳鼻咽喉科医(品番:83343/900300、高さ:9.5cm)、眼科医(品番:83343/900300、高さ:8cm)、歯科医(品番:83341/900300、高さ:9cm)、産婦人科医(品番:83340/900300、高さ:8cm)


手びねり人形「ドクター」


*マイセンの製品は、全国主要百貨店 でお求めいただけます。

カテゴリー: マイセン |

メディア情報:Winart(ワイナート) No.84

出版社名:美術出版社社
2016年9月5日発売号
Winart(ワイナート)ウェブサイト

Winart No.84 (表紙)


 
 
「Winart(ワイナート)」は、美しいビジュアルで食とワインの世界を探究するワイン雑誌です。
 
 
168ページの「インフォメーション」にラリックの新作デカンタ「ドゥ ザネモーヌ」が掲載されました。
 
 
 
 
 
 
 
 
- ラリック デカンタ「ドゥ ザネモーヌ -

デカンタ「ドゥ ザネモーヌ」


ラリックの創始者、ルネ・ラリックのお気に入りのモチーフ「アネモネ(フランス語でアネモーヌ)」。「アネモネ」は純粋さと無垢の象徴であり、ルネは可憐なこの花をモチーフとした作品を数多くデザインしました。ルネの時代から1世紀近く時を超えた2016年、ルネの華麗なアネモネの世界にオマージュを捧げたコレクション「アネモーヌ」が誕生しました。咲き誇るアネモネの花を、花器のストッパーにデザインした「ドゥ ザネモーヌ(フランス語で二輪のアネモネ)」。このコレクションは、ルネが1931年にデザインした名作をデカンタにアレンジして復刻したものです。花のおしべ部分は、レッドとブラックにはホワイトエナメル、クリアにはブラックエナメル彩が施されています。*左から、レッド/ホワイトエナメル(品番:10520000、価格:¥300,000(税別))、ブラック/ホワイトエナメル(品番:10519900、価格:¥300,000(税別))、クリア/ブラックエナメル(品番:10519800、価格:¥250,000(税別))、各高さ: 24 cm、容量: 0.75 L
 
ラリックの製品は、ジーケージャパンオンラインショップをはじめ、直営店 ラリック リーガロイヤルショップ(大阪)や、全国主要百貨店 でお求めいただけます。

カテゴリー: メディア情報 |