メディア情報:web ザ・ウエディング 12/10up

運営会社名:ハースト婦人画報社
2015年12月10日up
こだわりのウエディングをかなえる結婚情報サイト「ザ・ウエディング」の結婚ニュースで、ラリックのクリスタルボトルコレクション2016「アネモーヌ」が紹介されました。
*紹介ページは、「ザ・ウエディング」のコチラをご覧ください。

ラリックでは1994年から毎年1種類、香水のクリスタルボトルを発表しています。それらは、ラリックの創始者ルネ・ラリックの過去の作品から想を得てデザインされておりコレクター垂涎のアイテムとして知られています。2016年のテーマは、ルネ・ラリックが愛した花「アネモーヌ(フランス語でアネモネ)」。全体的なフォルムは、1922年にルネがデザインした香水瓶「スミ ド フルール(散らし花模様)」がベース。今回の限定ボトルのために、モチーフをオリジナルの忘れな草からアネモネに変え、さらに華やかなデザインに仕上げました。花びらにはサティナージュ(艶消し)加工を施し、豊かな表情を与えています。奥行きを感じさせるくぼみ彫りのレリーフも見どころの一つで熟練のクラフツマンたちの高度な技術を証明しています。
ラリックが誇る名香「ラリック ドゥ ラリック」を詰めた、限定版ならではの豪華なコレクション。金の糸で大切に封をしてお届けします。
◆名香「ラリック ドゥ ラリック」について
「ラリック ドゥ ラリック」は、ルネ・ラリックの孫娘、マリー=クロード・ラリックが、1992年に創作したフローラルとムスクが混じり合う芳醇な香りです。トップノートは、華やかなトーンで幕が開け、爽やかなブルガリアンローズ、官能的なジャスミン、スパイシーなニオイアラセイトウ、気品を漂わせるアイリスの蕾が、香りのこだまとして響き渡ります。ミドルノートでは、カシスの葉とワイルドブラックベリーのフルーティーな香りが登場します。そしてラストノートは、官能的なウッド調の香りが広がり、インドのマイソール産サンダルウッド(白檀)が柔らかに香り、ブルボンバニラ、ホワイトムスク、アンバーが忘れ難い余韻を漂わせます。
品番:B21114、種類:オードパルファム、香調「フルーティ・フローラル・ムスク」系、容量:150 ml、価格:¥240,000(税別)、*2016年度版。証明書とシリアルナンバー入り。
*ラリックの製品は、直営店 ラリック リーガロイヤルショップ(大阪)や、全国主要百貨店 でお求めいただけます。

カテゴリー: メディア情報   パーマリンク