検索結果: マグ

MEISSEN 新作「マグコレクション」のご紹介

新作「マグコレクション」をご紹介します。

新作「マグコレクション」


鳥の絵付はマイセンの中でも古い歴史があり、
1733年からさまざまな鳥を磁器に描いてきました。
今回、その鳥たちを新しい色と新しい手法で表現しました。
四角い取っ手が特徴的なマグのクラシカルなフォームは、
18世紀にイタリアのポンペイ遺跡で発掘された出土品をもとに、
1780年から作られている古典的なデザインです。
このマイセンらしいマグに、
16種類の鳥の絵柄をマイセン独自の転写技法で表現しました。
お好みのマグで寛ぎのひとときをお楽しみください。
また贈物にもおすすめです。
 
高さ:各約9cm、容量:各約310ml
 
*「マイセン リーガロイヤルショップ」や
全国主要百貨店で順次発売中!


新作「マグコレクション」




*マイセンの製品は、マイセンオンラインショップ や、楽天市場「マイセン磁器日本総代理店」
または、マイセン リーガロイヤルショップ全国主要百貨店 でお求めいただけます。
*マイセンの日本公式インスタグラム。オンライン上でもマイセンの世界をお楽しみください。
 

マイセン リーガロイヤルショップ


「マイセン リーガロイヤルショップ」では、
新作コレクションや
2020年イヤーコレクションを特集中です。
テーブルウェアや花瓶、人形やプラーク、
稀少な限定作品や逸品など幅広く揃えており、
マイセンの世界をお楽しみ頂けますので
是非お越し下さい。
 
マイセン リーガロイヤルショップ
お問合せ先: 06-6449-0663

カテゴリー: マイセン |

MEISSENメモ(55):マイセンの「マグ」のご紹介

マイセンの「マグ」のご紹介
マイセンにはさまざまなマグがありますが、今回は四角い取っ手が特徴的なデザインのフォーム(型番号55810)についてご紹介します。18世紀の半ば、ヨーロッパでは植民地などでの遺跡発掘がブームとなり、古典的な様式や異国的なものが盛んに作られるようになりました。それはナポレオンのエジプト遠征の頃まで続く流行でした。1710年に誕生したマイセンも例外ではありません。1748年に始まったポンペイ遺跡の発掘による古代の出土品を手本に、1780年からこのフォームのカップが作られるようになりました。当時は敷皿もありカップ&ソーサーとして使用されていましたが、今日ではカップだけの「マグ」となり朝食時などに愛好されています。長い歴史をもつこのマグには、バラや鳥などのさまざまな絵柄がありますので、思い思いにお楽しみください。


*サイズは全て、高さ:約9cm、容量:240ml
 
*マイセンの製品は、全国主要百貨店 、昨年12月末にオープンした「マイセン リーガロイヤルショップ(大阪)」、そしてマイセン・オンラインショップでお求めいただけます。

カテゴリー: MEISSENメモ |

「マイセン リーガロイヤルショップ」からのお知らせ⑫

「マイセン リーガロイヤルショップ」では、ギフトにおすすめのコレクションを特集しています。

マイセン リーガロイヤルショップ


 
春はお祝い事が多い季節ですので、贈物にいかがでしょうか。
この機会にぜひお立ち寄り下さい。
 
 
「マイセン リーガロイヤルショップ」
住所:大阪市北区中之島5-3-68 リーガロイヤルホテル1階
TEL:06-6449-0663
営業時間 10:00~19:00
定休日 毎月第3水曜日
https://www.meissen-jp.com/shoplist/


マグコレクション
四角い取っ手が特徴的なフォームは、18世紀半ばにヨーロッパで遺跡発掘がブームとなった際、
ポンペイ遺跡の出土品を手本に1780年から作られており、
今日でもマイセンらしいクラシカルなデザインに人気があります。
またマイセン独自の転写技法で表現したもので、電子レンジや食洗器も使用が可能ですので、
デイリーユースにもギフトにもおすすめです。


*マグコレクションの詳細は、コチラをご覧ください。


ボトルストッパー
マイセンの膨大なアーカイブの中から選んだ18~19世紀の胸像をモチーフにした5種類と、
現代マイセンの若き造形家、マリア・ヴァルターが
デザインした「三猿」の3種類の全部で8種類です。
お祝いやおもてなしに欠かせないワイン。そのテーブルシーンをユーモラスに上品に演出するアイテムです。


*ボトルストッパーの詳細は、コチラをご覧ください。
*マイセングラスの詳細は、コチラをご覧ください。

カテゴリー: お知らせ |

「マイセン リーガロイヤルショップ」からのお知らせ⑨

「マイセン リーガロイヤルショップ」では、「鳥の絵柄」を特集しています。
 

マイセン リーガロイヤルショップ


ショップでは、1733年からマイセンで描かれている
伝統の「鳥の絵柄」を特集しています。
プレートやマグの新作をはじめ、ティータイムセットや花瓶など、
さまざまなアイテムを取り揃えています。
鳥の絵柄を描くためには高度なデッサン力と表現力が
必要とされています。
また花柄との相性が良いので、
この機会にドイツの森に遊ぶ美しい鳥たちの姿をご覧ください。
 
マイセン リーガロイヤルショップ
大阪市北区中之島5-3-68 リーガロイヤルホテル1階
TEL/06-6449-0663
営業時間/10:00~19:00
定休日/毎月第3水曜日


新作 マグコレクション


 

スノーボール花瓶、ティータイムセット


 


*マイセンの日本公式インスタグラムでもマイセンの世界をお楽しみください。
 

カテゴリー: お知らせ |

MEISSENメモ(76):「異民族」の人形のご紹介

「異民族」の人形をご紹介します。
 
マイセンの人形ジャンルの一つに「異民族」をモチーフにしたものがあります。
18世紀に好まれた「シノワズリー」は、やがて中国人だけではなく「見知らぬ民族」へと興味が広がりました。
これはアウグスト強王が、異民族に興味を覚えたことによるものです。
北西アフリカのムーア人(イスラム教徒の呼称)、インド南西部のマラバル族、ペルシャ人、中国人や日本人などです。
なかでもムーア人は、アウグスト強王の膨大な磁器や宝飾品のコレクションにしばしばみられます。
いずれも当時の宮廷人の東洋への憧れを凝縮した人形たちです。

象に乗るペルシア人とムーア人/ムーア人と馬




象に乗るペルシア人とムーア人
「富」を象徴する贅沢な衣装を身に着けたペルシア人と、象使いのムーア人が象に乗った群像。
「ムーア人」とは、一般に北西アフリカ、マグレブ地方のイスラム教徒のヨーロッパにおける呼称で、モール人ともいわれます。
(品番:67019/900380、高さ:約28cm)
ムーア人と馬
ムーア人の褐色の肌と衣服の色の対比、それに躍動感溢れる白馬の形態がこの磁器に命を与えています。
必死に手綱をとるムーア人の真剣な瞳が緊張感をもたらし、単に「人形」という枠を超えた魅力を生み出しています。
(品番:67018/900300、高さ:約41cm)
 

マラバルの男/マラバルの女


マラバルの男/マラバルの女
「マラバル族」とは、インド南西のゴアとコモリン岬の間の
マラバル海岸と呼ばれる地方に住む人々のことです。
この地は山に囲まれた肥沃な土地で、ココヤシやカルダモン、
胡椒などの香辛料などが栽培されています。
本作品の原形はフリードリヒ・エリアス・マイヤーが
1750年頃に作成したといわれます。
マイヤーは、この人形にできるだけ見慣れない服装をさせ
「異国の人々」というテーマを強調しました。
またロカイユという装飾の施された台座に、
マイヤーらしいロココのおもかげが残されています。
(品番:67035/900380、高さ:約18.5cm、
品番:67036/900380、高さ:17cm)


木陰の中国人男女/鳥籠を持つ中国人男女




木陰の中国人男女
あずまやで憩う二人の中国人。手びねりで作られた美しい花や透かし彫りが作品の工芸性を高めています。
実際のアジアをそのまま写したのではなく、豊かな想像力によってよりエキゾチックなものになっている点も特徴です。
(品番:65640/900300、高さ:約19cm)
鳥籠を持つ中国人男女
幼な子に鳥かごを見せる男性。そして椅子に乗り手を広げて中を見ようとする子供を母親がやさしく支えています。
日常のひとこまを想像力豊かに表現した作品です。(品番:65641/900300、高さ:約16cm)
 

日本人(女性)/日本人(男性)




日本人(女性)
マイセンのアーティストによる、美しい日本の芸妓です。
作品からは茶道や邦楽、舞踊や書などさまざまな伝統芸を修得した芸妓の内面から滲み出るような教養が感じられます。
マイセンが憧れてやまない東洋の美を体現したような逸品です。(品番:65677/900184、高さ:約16.5cm、2012年世界限定作品)
日本人(男性)
オリジナルは、アール・ヌーヴォー様式の時代の重要なデザイナーの一人、アルフレッド・ケーニッヒが創作しました。
男性がまとっている「ゆかた」は伝統的な日本の着物のひとつで、東洋的な文様が豊富に施されています。
(品番:65676/900384、高さ:約18.5cm、2013年世界限定作品)
 


*マイセンの製品は、マイセン リーガロイヤルショップ のほか、マイセンオンラインショップ や、楽天市場「マイセン磁器日本総代理店」 、または全国主要百貨店 でお求めいただけます。
*マイセンの日本公式インスタグラムでもマイセンの世界をお楽しみください。
 

カテゴリー: MEISSENメモ |