MEISSENメモ(53):犬モチーフの作品のご紹介

犬モチーフの作品のご紹介
来年は「戌年」です。そこで今回は、マイセンの「犬」がモチーフとなった可愛い置物やペンダントをご紹介します。マイセン初期の天才造形家、ヨハン・ヨアヒム・ケンドラーが好んでいたといわれるボローニャ犬の動物像や生粋のマイセン人の造形家、ユリウス・コンラート・ヘンチェルが生み出した「子供シリーズ」にある犬と戯れる子供の人形。そして18世紀の宮廷で大流行した愛玩犬パグの置物や、そのパグがモチーフとなったペンダントなどがあります。マイセンの犬のアイテムと共に幸運な1年をお過ごしください。
 

左:動物像「ボローニャ犬」*世界限定50点
マイセンの天才造形家、ヨハン・ヨアヒム・ケンドラーが最後に手がけた動物像です。歴史的に有名なポンパドゥール夫人の犬を模した作品。当時のオリジナル作品は、納期がかかりすぎたためポンパドゥール夫人が亡くなってから納品されたというエピソードが残されています。愛犬の像を注文したポンパドゥール夫人、そして天才的な手腕でそれを造形化したケンドラー。フランスとドイツの交流をも思わせる歴史的名品の復刻版です。(品番:78726/900184、高さ:約16cm)
右:動物像「犬」*限定作品50点
このボローニャ犬像もケンドラーによるものです。ケンドラーはこの犬の毛並みをダイナミックに波打たせることで、磁器彫像とは思えないほど生き生きとした表情を作品に与えています。原型は1740年~1750年頃に作られました。時代を超えて私たちに挨拶する愛らしい「ボローニャ犬」です。(品番:78586/900184、高さ:約26cm)
 

左:人形「犬を見つめる子供」
20世紀初頭、そのたぐいまれな手法で子供の世界を磁器に表した造形家、ユリウス・コンラート・ヘンチェルの真骨頂である「子供シリーズ」。この時すでに200年の伝統を持ち、クラシックな磁器を作り続けていたマイセン製作所に、文字どおり若々しい新風を吹き込んだと言える作品です。この作品では、ミルクを飲む犬とそれを見つめる子供の微笑ましい様子がみごとに表現されています。当時のマイセン新聞はこう伝えています、「マイセン磁器製作所は、現代の小像の分野において特に人間描写の点で最も大きな、そして重要な貢献を果たしている・・・」。この時代の芸術家はすでに他で名を成してマイセンによばれた人が多かったのですが、ヘンチェルはマイセンの街に生まれ、マイセンの養成学校で学んだまさに生粋のマイセン人です。(品番:73369/900100、高さ:約9cm)
右:人形「眠る子供と犬」
この人形もヘンチェルによるもので、彼は1900年代の初めに数多くの子供シリーズを生み出しました。子供のあらゆる姿、表情、しぐさの一つひとつを生き生きと的確にとらえ、彼の独自のスタイルを確立しました。大きな犬にもたれかかり、すやすやと眠る子供。犬と子供の仲の良さも伝わってくる作品です。ヘンチェルの人形の愛らしく天使のような子供たちは本当に見る人を元気づけます。(品番:73368/900300、高さ:約8cm)
 
 

左:人形「少年と犬」
18世紀に原型が作られた古典的なマイセンの人形です。身なりのよい少年がパグ犬と戯れる様子が生き生きと表現されています。(品番:73295/900300、高さ:約12.5cm)
中・右:「パグ犬」
パグ犬は、マイセン磁器によく見られる動物です。ロココ様式の全盛時代には、こうした変わった動物を愛玩することが、ヨーロッパの各宮廷で流行りました。アウグスト強王は、遠くアフリカの地まで珍しい動物を捜しに軍隊を派遣したほどです。そうした流行を背景に、パグ犬はユーモラスな風貌で宮廷の人気を独占しました。困ったような表情が何ともユニークで、マイセン磁器の造形家や絵付師たちも、見事にそれらを作品化しています。(中・品番:78506/900300、高さ:約6cm、右・品番:78627/900300、高さ:約3cm)
 


ペンダント「パグ」
左から:ダイヤモンド(補助リング付)、ライトブルー、バラ、チェック、ブラックフラワー、剣マーク

身につけて楽しめる磁器のペンタンドトップ。リアルな動物表現を得意とするマイセンならではの作品です。18世紀から作られているこの伝統的な「パグ犬」が新しい装いで今秋に登場しました。(左から・品番:MFJ20HS03100、サイズ:縦4.0×横3.5×厚さ1.7cm/品番:78M23/90A274、78M23/90A277、78M23/90A278、78M23/90A279、78M21/90A271、サイズ:縦3.4×横3.4×厚さ.2.1cm)
 
*マイセンの製品は、全国主要百貨店 、そしてマイセン・オンラインショップでお求めいただけます。

カテゴリー: MEISSENメモ |

MEISSENメモ(52):キャンドルスタンドのご紹介

キャンドルスタンドのご紹介
クリスマスやお正月のおもてなしのテーブルにおすすめのキャンドルスタンドをご紹介します。18世紀の王侯貴族の宮殿には、キャンドルスタンド(燭台)は欠かせないものでした。当時「白い金」と呼ばれ貴重であった磁器で作られた装飾性豊かなキャンドルスタンドは、大きな話題をよび、客人たちの賞賛を受けていました。それまで金や銀で作られていましたが、キャンドルスタンドを磁器で作ることで、王家の富と権力が表されていました。キャンドルの枝を木々の枝にみたてた豪華な作品は、特別なひとときを一層引き立てます。また皆様に親しまれている「散らし小花」「ブルーオニオン」「朱金オニオン」のシリーズや、モダンな「コスモポリタン」など日常にも使いやすいタイプもあります。キャンドルに火を灯して心温まるひとときをお過ごしください。
 

白磁の美しさが際立つ作品です。このようなキャンドルスタンドが、18世紀にはアウグスト強王や貴族の館を飾ったことでしょう。キャンドルの光が加わってその輝きを増す、限りなくエレガントな作品です。(品番:79082/900280、高さ:約47.5cm)
 

左から
可憐な花が人気の「散らし小花」(品番:53100/010110、高さ:約7cm)
朱と金が豪華な印象の「朱金オニオン」(品番:53100/800117、高さ:約7cm、品番:53110/80017、高さ:約14cm)
マイセンの永遠のベストセラー「ブルーオニオン」(品番:800101/53111、高さ:約17cm)
スタイリッシュな「コスモポリタン」(品番:53176/99A114、高さ:約8.5cm、品番:53177/99A114、高さ:約11cm)
 
*マイセンの製品は、全国主要百貨店 、そしてマイセン・オンラインショップでお求めいただけます。

カテゴリー: MEISSENメモ |

MEISSENメモ(51):彫像「トカゲ」のご紹介

彫像「トカゲ」のご紹介をします。
彫像の「トカゲ」は、草陰から飛び出して、見つかってしまったことを驚いているかのように、どこかユーモラスな表情を浮かべています。鮮やかな色の絵付は、見る人をわくわくさせ、飾られる空間のアクセントとなります。この作品は、マイセンで活躍したアーティスト、ジルヴィア・クリューデが、以前制作した「トカゲのついた鏡」をもとにしています。クリューデらしい見事な芸術作品と称賛された作品です。そこからトカゲを取り出し、レッド、イエロー、ブルーの3色で表現しました。日本オリジナル作品。(サイズ:10×横約23×高さ約3.5cm、品番:レッド78538/900300、イエロー90409/650127、ブルー90409/65A022)

彫像「トカゲ」



ジルヴィア・クリューデ
ジルヴィア・クリューデが作り出すサーヴィスセットや、人形、容器の数々、またメダルなどは輝くばかりの創造性に溢れ、伝統的なマイセン磁器と好対照を成していました。クリューデは感情豊かで愛らしい作風で知られており、その優れた作品は多くの展示会や美術館を飾っています。
◆鏡「トカゲ」
ジルヴィア・クリューデがデザインしたユニークな鏡「トカゲ」。クリューデは、小さなトカゲの中に、火を司る精霊「サラマンダー」を重ね、この小さな生物を美しいアートに昇華させました。輝く白磁の上に、微妙に彩色されたトカゲたちが立体的に装飾されています。鏡が光を集め、トカゲたちを際立たせています。
 
*マイセンの製品は、全国主要百貨店 、そしてマイセン・オンラインショップでお求めいただけます。

カテゴリー: MEISSENメモ |

メディア情報:Bon Chic  Vol.16

出版社名:主婦の友社
2017年10月26日発売号
Bon Chic ウェブサイト

Bon Chic Vol.16 表紙


 
『Bon Chic (ボンシック)』は、
フランス語のBCBG(趣味のいい暮らし)からとった言葉。
自分のスタイルをもった暮らし上手な読者へ向けた、
インテリアとライフスタイルの情報誌です。
キーワードは、「大人のエレガント」。
インテリアと暮らしをランクアップする情報をお届けしています。
 
70~75ページの「憧れブランドのテーブルウェアカタログ」に、
ロワイヤル・ド・リモージュベルナルドマイセン
そしてドームのテーブルウェアが紹介されました。
 
 
 
 
 


◆ロワイヤル・ド・リモージュ◆
・左:ルイ15世(プレート26cm)
1757年にセーヴル製陶所より献上されたコレクション「ルイ15世」。このサーヴィス・セットは王がこよなく愛したフォンテヌブロー宮殿のために制作され、日常的に王の食卓を飾ったとの記録が製陶所に残されています。縁取りされたスカラップ状のフォームと星のような模様を描くバラの飾りは王家のみに許されたデザインです。プレートの中央に配されたピンクとゴールドの星状のモノグラムが、このコレクションが王家へ献上されたことを物語っています。「ルイ15世」のオリジナルは、パリ郊外にあるフォンテヌブロー城に所蔵されています。
・右:マリー・アントワネット(プレート26cm)
1782年にセーヴル製陶所からヴェルサイユ宮殿に献上されたコレクション「マリー・アントワネット」。矢車菊に真珠を配した愛らしいデザインが、「アルトワ伯爵」とよばれる優雅なフォームを際立たせています。王妃の瞳の色と同じブルーの矢車菊。王妃はこの清楚な花を愛し、小トリアノン宮殿の庭に作った「王妃の村里」でもよく矢車菊を摘んでは、ブーケを作ったといわれています。繊細なシンプルさを好んだ王妃の洗練されたセンスを映し出した類まれなコレクション「マリー・アントワネット」。オリジナルはヴェルサイユ宮殿とルーヴル美術館に所蔵されています。

ロワイヤル・ド・リモージュ


◆ベルナルド◆
・左:エキュム モルドレ(プレート31.5cm)
ベルナルドの人気シリーズ「エキュム」。「エキュム」とはフランス語で「泡」の意味です。海辺の風景から着想したシリーズで、幅広いリムには砂浜に打ち寄せた後の波の跡が表現されています。今回、新色「エキュム モルドレ(金褐色の泡)」が仲間入りしました。ゴールドを背景に、泡のレリーフを白で表現した洗練された色合いが魅力です。照明の光が当たると、控えめに輝きます。メタリックカラーは、あらゆる絵柄やカラーとも相性が良く、モダンで自由なコーディネートが楽しめます。ゴールド一色ではなくレリーフに白が使用され軽やかなデザインですので、盛り付ける料理がさらによく引き立ちます。
・右:リトファニー「エッフェル塔」
揺らめく光が白磁を透かし、光と影が美しい絵柄を映し出すベルナルドのリトファニー。「パリの顔」ともいえる「エッフェル塔」がモチーフです。裏側には、1937年のパリ万博の際に建設された「シャイヨー宮」が刻まれています。実際のパリでも、エッフェル塔の裏手にはセーヌ川を挟んでシャイヨー宮を見ることができます。

ベルナルド


◆マイセン◆
・左:ロイヤルブロッサム
「ロイヤルブロッサム」のレリーフの源は、1739年に白いガマズミの花をモチーフに作られた「スノーボール装飾」です。この装飾は、マイセン磁器の創始者、アウグスト強王の息子、アウグスト3世が最愛の王妃、マリア・ヨゼファへ「枯れない花を贈りたい」という願いから誕生しました。以来、マイセンを代表する装飾として今日まで作り続けられています。スノーボールは、英語で「雪の玉」という意味のほかに「ガマズミの花」を意味しています。「ロイヤルブロッサム」は、立体的な「スノーボール装飾」をテーブルウェアのレリーフに移した新しいシリーズ。
・右:波の戯れ(マイセングラス)
チェコの名門「モーゼル社」と提携して生まれた「波の戯れ」。マイセンのアーティストがデザインした「波の戯れ」のレリーフを、モーゼルの名工たちが繊細なグラスに作り上げています。口元のさりげない曲線とさざ波のレリーフが美しい光彩を放ちます。マイセン磁器の双剣マークがプレートにはいっています。

マイセン


◆ドーム◆
ローズ(キャンドルスタンド)
花の女王バラ。人類が誕生する以前から存在していたバラは、その美しさと気高さから「美」や「愛」の象徴として人々に愛されてきました。ドームの「ローズ」コレクションは、朝露に濡れるバラの花を、ローズ・ピンクのパート・ド・クリスタルでみずみずしく表現し、現代の生活にもマッチするようにモダンに仕上げました。ローズの官能的で芳しい香りが辺り一面に漂ってきそうな逸品です。

ドーム


 
*ロワイヤル・ド・リモージュの製品は、直営店 ベルナルド リーガロイヤルショップ(大阪)や、ジーケージャパンオンラインショップでお求めいただけます。
*ベルナルドの製品は、直営店 ベルナルド リーガロイヤルショップ(大阪)や、全国主要百貨店 、そしてジーケージャパン・オンラインショップでもお求めいただけます。
*マイセンの製品は、全国主要百貨店 、そしてマイセン・オンラインショップでお求めいただけます。
*ドームの製品は、直営店 ドーム リーガロイヤルショップ(大阪)や、全国主要百貨店、そしてジーケージャパン・オンラインショップでお求めいただけます。

カテゴリー: ドーム, ベルナルド, マイセン, メディア情報 |

メディア情報:アンド プレミアム 12月号

発行元:マガジンハウス
2014年10月20日発12月号
& Premium(アンド プレミアム) ウェブサイト

& Premium 12月号 表紙


 
 
『アンド プレミアム』は、ライフスタイルのさまざまなシーンに、
自分にとっての“上質”を足していくのがコンセプトの
大人の女性のためのクオリティライフ誌です。
 
 
104ページの「50年以上、愛され続けている定番ブロダクト」に、
テレジアンタールのシリーズ「ダグマー」のフリーグラスが
掲載されました。


シリーズ「ダグマー」 左から、ワイングラス、シャンパングラス、フリーグラス(掲載商品)


「ダグマー」
上質で薄いグラスは、口当たりもよく日常使いにぴったりです。20世紀の初頭から中盤にかけて、兄のエゴンと共にテレジアンタールを支えたオーナー ハンス・フォン・ポッシンガー(Hans von Poschinger) がデザインしました。
 

ハンス・フォン・ポッシンガー


ハンス・フォン・ポッシンガー Hans von Poschinger
1892年~1951年。20世紀の初頭から中盤にかけて、兄のエゴンと共にテレジアンタールを支えたオーナー。1951年にその生涯を閉じるまで、テレジアンタールに大きな影響を及ぼしました。ミュンヘンの視覚芸術学院でアートを学んだ後、テレジアンタールに参加。 ビジネスではなくアートを選択したことは、仕事において創造性や芸術性がビジネスよりも重要と考える、ポッシンガー家の意向に沿ったものでした。デザインにおいては、その時代の典型的な好みを映し出したコレクションを発表。「形態は機能に従う」と主張した、バウハウスの理念に影響をうけた機能美あふれるデザインの諸作を世に送り出しました。
 
*こちらの製品は、ジーケージャパンオンラインショップでお求めいただけます。

カテゴリー: テレジアンタール, メディア情報 |