MEISSENメモ(95):マイセンの伝統技法「クリスタル・グラズーア」のご紹介

マイセンの伝統技法「クリスタル・グラズーア」をご紹介します。
 
磁器制作(上絵付)の工程では、第一焼成(素焼き)の次に釉をかけ本焼成し、純白の生地に絵付し、
さらに焼成(複雑な絵付の場合は数回)し完成に向かいます。
特殊な釉薬を用いて焼成すると、窯内の炎の偶然の作用により雪の結晶のような文様が生じ、
この技法は「クリスタル・グラズーア(結晶釉)」と言われています。
古来日本や中国で珍重されてきたこの難しい技法「窯変」は、19世紀後半のヨーロッパでもさまざまな磁器製作所が試み、
20世紀初頭のマイセンで独自の発展を遂げました。
昨年この伝統技法を進化させた新作プラークが誕生しました。
クリスタル・グラズーラによる荒い表面に絵付された美しい作品には、結晶釉と絵付の見事な調和が見られます。
 

プラーク「シロフクロウ」
動物描写に優れた才能と情熱を見せるアーティスト、デトレフ・リッターが、ツンドラに棲むシロフクロウを描きました。
(品番 :90751/65C062、サイズ:約50×50cm)



プラーク「アイリス」
ベテランのマイスター、ホルスト・ゴットシャルトのアイリスは、潔い清々しさが魅力です。金彩が美しいアクセントになっています。
(品番:90743/65C062、サイズ:約50×50cm)



プラーク「フクロウ」
(品番:90750/65C062、サイズ:約50×50cm)
リッターが得意とする森の王者、フクロウ。クリスタル・グラズーアの背景から際立つ鋭いまなざしが印象的です。


MEISSENメモ(94):椿が結ぶ日本とマイセンのご紹介

椿が結ぶ日本とマイセンをご紹介します。
 
安永年間(1772~1780)、長崎の出島に滞在していたスウェーデンの学者、トゥーンベリによって、
1776年に日本から送られた椿が、1801年、ドレスデンの宮廷に献上されました。
その椿は約240年を経た今もドレスデン近郊のピルニッツ宮殿にある
椿のために作られた巨大な可動式の温室で大切にされています。
かつて1905年、極寒のなか椿を温めるために使用した暖房機器が元で火事が起こりましたが、
小屋にかけた消火水が凍り、椿はその氷の壁に守られて奇跡的に無事でした。
毎年2~4月にはたくさんの艶やかな花を咲かせ、現在では高さ約9mまでに成長しました。
マイセンの絵付師たちは、日本から贈られたこの椿の花に魅了され、さまざまな椿を描いています。


ピルニッツ宮殿
この宮殿はマイセン磁器の生みの親、アウグスト強王の夏の離宮として建てられました。© DZT/Andrzej Budnik
>>ピルニッツ宮殿公式サイト(英語版)



温室で守られながら咲き誇る椿
上)©Foto Uwe Meschke、©Foto Uwe Meschke
中)©Wolfgang Friebel、©Antje Heinze
下)© Antje Heinze、©Wolfgang Friebel



◆マイセンの「椿」
額装プラーク「椿の花」
品番:9M013/932224A、額装サイズ:約56.5×56.5㎝ 
マイセンの絵付師たちの、椿に寄せる思いが結集した作品です。

額装プラーク「椿」
品番:96210/932239A、額装サイズ:約35×29.5cm
マイセンのアーティストたちは「椿」を好んでよく描きます。

プラーク「ツバキの花々」
品番:U5254/63C048、サイズ: 約35×35cm
外側には立体的なツバキも貼り付けられ、春の陽射しを感じる作品です。

プラーク「カメリア」
品番:9M538/932222、サイズ:45×55cm
アーティスト、ホルスト・ブレッチュナイダーがデザイン。色々な種類の花弁を現代的な手法で描いています。

タンブラー6客セット「椿」
品番:55403/61A108/6P、容量:約290ml
さまざま花の姿がデザインされています。

花瓶
品番:54958/61A107、高さ:約5.5cm
花を上から見たような描き方がモダンです。


MEISSENメモ(93):王侯貴族の宮殿を照らした逸品
「シャンデリア」のご紹介

王侯貴族の宮殿を照らした逸品「シャンデリア」をご紹介します。
 
マイセンのロココ様式を象徴する逸品「シャンデリア」。
オリジナルはマイセン初期の天才造形家、ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー(1706-1775)によって、
5 年の歳月をかけて制作されました。
音楽を奏でる天使や小鳥たち、そして緻密に作られた花々の立体装飾。
それぞれのパーツを歪みなく焼成するには高い技術が必要で、現代のマイセンであっても制作には約2年かかり、
受注制作のみとなる非常に稀少価値の高い作品とされています。
18世紀の宮殿を照らした「白い金(白磁)」の輝きとともに、王侯貴族のざわめきが聞こえてくるようです。

シャンデリア
品番:79148/903580、高さ:約 100cm
18 世紀当時はろうそくを使って、空間に荘重な雰囲気を作り出していましたが、現在では LED ランプを取り付けているため、実際にご使用いただけます。



*マイセンの製品は、マイセンオンラインショップ や、アマゾン「MEISSEN MANUFACTORY SINCE 1710 」
楽天市場「マイセン磁器日本総代理店」 、または、マイセン リーガロイヤルショップ全国主要百貨店 でお求めいただけます。





  *マイセンの日本公式SNS
オンライン上でもマイセンの世界をお楽しみください。
 



カテゴリー



アーカイブ





GKジャパンエージェンシー株式会社
Copyright © GK Japan Agency Co.,ltd. All Rights Reserved.