作成者別アーカイブ: admin

メディア情報:Richesse(リシェス)No.6

出版社名:ハースト婦人画報社
2013年11月28日発売号
Richesse(リシェス) ウェブサイト

『リシェス』は、フランス語で「裕福」、「豊かさ」を意味するタイトルに相応しく、本物かつ 極上の情報をトップクラスの富裕層の方々へお届けしている雑誌。

348ページの「読者プレゼント」ページに、ベルナルドのリトファニーが美しい写真で掲載されています。
クリスマスプレゼントなどに人気のベルナルドのリトファニー、オンラインショップでも人気商品です。現在、オンラインショップで取り扱い中の柄は全部で41種類、是非、ショップを覗いてみてください。

また、50~61ページの特集「日本最高のレストラン、待望のリニューアル、新生ロオジェのすべて」のページで紹介されている東京・銀座にあるレストラン「ロオジェ」では、ベルナルドのテーブルウェアが使用されています。ベルナルドのプレート(エキュム)などが目にも美味しい料理とともに紹介されていますので併せてご覧ください。

カテゴリー: お知らせ, ベルナルド, メディア情報 |

テレジアンタール×クリスティアン・ハース


前回のアーティスト紹介からかなりの月日が経ってしまいました。今回のブログでは、久しぶりにアーティストの紹介をしていきたいと思います。
本日ご紹介するアーティストは、ヨーロッパを中心に活躍しているデザイナー、クリスティアン・ハース(ChristianHaas)です。

ドイツ人デザイナー、クリスティアン・ハース(Christian Haas)は、グラス・メーカーのナハトマン、ホームウェア・ブランドのビレロイ&ボッホ、テーブルウェア・ブランドのローゼンタールなど、ドイツの著名な高級ブランドのデザインに携わっており、テレジアンタールとは2011年からコラボレーションを行っています。

そのハース氏が、東京・渋谷にあるセレクトショップ「LAILA TOKIO(ライラ トウキョウ) / 7×7」で、2013年10月26日(土)から11月10日(日)に開催された展示会、「(FRONT#1) Christian Haas Exhibition “ROPES”」のために来日されました。

展示会期間中に行われたレセプションにお邪魔をした際、ハース氏とお会いし、作品についてテレジアンタールとのコラボレーションについてお話を伺うことができました。

◄クリスティアン・ハース(Christian Haas)氏

今回の展示会場である、LAILA TOKIO / 7×7は、
“国内外からセレクトしたデザイナーズ、クリエイターズアイテムと、ファッションの歴史であるクラシックメゾンのVINTAGEを織り交ぜた伝統と格式の新しい形、「new couture/ニュークチュール」” をテーマに掲るセレクトショップ。
昭和中期の一軒屋を改装した建物の外装は大変シンプルですが、内装には8000個もの真っ白なピラミッドが隙間無く張り巡らされ、モダンな雰囲気に包まれています。アーティスト、木村浩一郎氏によるデザインのショップは、日本中のファッションリーダーだけでなく、建築デザイナーにも注目されています。

ショップ外観
ショップ内部

LAILA TOKIOでは「FRONT」と題して、ジャンルを問わず伝統的な文化や技法をベースに創作活動を行い、その美意識で未来を創造しようと活動をするアーティストやデザイナー、職人の方などを招き、彼らの活動や作品をご紹介する場を設ています。その(FRONT#1)=第1弾として、「Christian Haas Exhibition “ROPES”」が開催されました。

会場では、今回の展示会のタイトルでもあり、ハース氏が2011年に立ち上げた自身のレーベルから発表した「ROPES」が会場半分に展示されていました。
ハース氏曰く、「「今回の『ロープ』は、『光を編む』というクリエイティヴなアイディアが特徴。ポリプロピレンでロープを編み、手仕事で作り上げられたオブジェは点灯すると独特の存在感を生みだします。結び目のところはLEDが光らず、マットな状態になるのも特徴」とのこと。
さらに、「光を編む」ことに夢中、というハース氏。

ハース氏のデザインした テレジアンタールの世界限定作品

そして、テレジアンタールとのコラボレーション作品については

「テレジアンタールの作品に見られるように、私の作風はモダンでありながらも前衛的ではなく、あたたかみを感じさせると思います。世界限定作品は、個々の商品を2つ、3つと重ねるたびに微妙な色合いを生じ、光を幾重にも変化させることができる点に、魅かれています。」

テレジアンタールが作り出す、奥深く多彩な色と繊細なエングレーヴィング、「繊細さから生まれる多彩なニュアンス」がアーティストの創造性を刺激しているようです。
この世界限定作品は、インテリア小物と食器を組み合わせた、まったく新しいオブジェです。
「Focus The Unknown ― 未知の世界へようこそ ―」のオブジェでは、大きな緑色のボウル、鳥がエングレーヴィングされた紫色の花瓶、植物が刻まれたボトル、鮮やかな黄色の小ボウルを組み合わせて1つの作品になります。

Focus The Unknown ― 未知の世界へようこそ ―
テレジアンタール設立175周年を記念して発表された「Small Worlds」コレクション。小さな世界を表現したそれぞれのオブジェには、「アフォリズム(格言)」の名がつけられており、オブジェとしても、それぞれのパーツに分けても使用できるようなデザインとなっています。

品番:50/9910 サイズ:高さ 32.1cm

ボウル
サイズ:32.1cm
花瓶
サイズ:25.9cm
ボウル
サイズ:6.4cm
ボトル
サイズ:20.8cm

食器ブランドのデザインに長く関わっているハース氏ならではの柔軟性のあるアイデアとテレジアンタールの職人の高い技術により生み出された作品は、会場にお越しの方からも、その素晴らしさに感嘆の声があがっていました。
LAILA TOKIOのモダンな空間に置かれても、まったく引けをとらないデザイン。真っ白な空間にテレジアンタールの繊細なカラーが美しく映えていました。

会場では、この2013年新作コレクション、「Focus The Unknown― 未知の世界へようこそ ―」からオブジェとタンブラーの他に、2011年にテレジアンタール設立175周年を記念して発表された世界限定作品「Small Worlds」コレクション、”a matter of perspective”「拝啓、宇宙より」のオブジェとタンブラー「Planet Earth」も展示されました。

Focus The Unknown― 未知の世界へようこそ ―
新作タンブラーとオブジェ
Focus The Unknown― 未知の世界へようこそ ―
新作タンブラーとオブジェ
”a matter of perspective”「拝啓、宇宙より」
ジャグとタンブラー
”a matter of perspective”「拝啓、宇宙より」
オブジェ

LAILA TOKIOでの展示は期間限定ですが、もしこのハース氏デザインのオブジェと、このオブジェをモチーフにした、アーティスティックなタンブラー「Planet Earth」などにご興味がございましたら、日本で唯一のテレジアンタール専門店「テレジアンタール リーガロイヤルショップ」までお問い合わせください。

テレジアンタール リーガロイヤルショップ

大阪市北区中之島5-3-68 リーガロイヤルホテルB1階

TEL:06-6444-6868
営業時間:11:00~20:00
定休日:毎月第3水曜日

非常にきさくに、ご自身のコンセプトを生き生きと語ってくださったハース氏。いろいろなお話を伺うことができ、作品だけでは無く、人柄にも魅了されました。
また、ハース氏とLAILA TOKIOの建築デザインをされた木村氏は旧知の間柄で、レセプションは、お二人の親しい会話によってあたたかな雰囲気に包まれていました。
素晴らしい建物におかれたハース氏のオブジェ。-- 2人の才能あるアーティストの作品に感動したひとときでした。

王侯貴族に愛され長い歴史を誇るテレジアンタール。ルードヴィヒⅡ世が建築を命じた、有名なノイシュヴァンシュタイン城(白鳥城)にも、テレジアンタールのグラスウェアが献上されています。
こうした輝かしい伝統と格式を誇りながらも、近年はハース氏のような若手のデザイナーや、アーティスト集団と積極的にコラボレーションを行い、新しい作品も次々と発表しています。
クリスティアン・ハース以外のアーティストたちの作品は、テレジアンタールのサイトでご紹介をしておりますので、是非、そちらもご覧ください。

今回、展覧会が開催された セレクトショップ「LAILA TOKIO(ライラ トウキョウ) / 7×7」の情報と、アーティスト木村浩一郎氏の詳細は、下記ショップURLでご覧ください。

LAILA TOKIO(ライラ トウキョウ)
https://www.laila-tokio.com/
アーティスト木村浩一郎氏
https://www.koichiro-kimura.com/

◄LAILA TOKIOショップスタッフさん

カテゴリー: アーティスト紹介, テレジアンタール |

ワーグナー生誕200周年記念 レーマーグラス「ローエングリン」

今年、2013年に、生誕200周年を迎えるドイツオペラの巨匠リヒャルト・ワーグナー。
この節目の年を記念して、ドイツの名門グラスウェアブランド「テレジアンタール」が
特別なグラスウェアを制作しました。

本場ドイツではもちろん、ヨーロッパや日本でも人気の高いワーグナー。今年のクラシックコンサートは、ワーグナー関連の演目が多そうですね。ワーグナーは音楽史上名を残す作曲家ですが、それでは実際、どんなオペラや楽劇を作曲したのでしょう。
『ニーベルングの指環』、『さまよえるオランダ人』、『ローエングリン』など、すぐに作品名が浮かんだ人は、クラッシック音楽が相当お好きな方ではないでしょうか。
今回、ワーグナーの作品の中でも、とりわけ人気の高い楽劇『ローエングリン』をテーマにしたグラスが、テレジアンタールより発表されました。

リヒャルト・ワーグナー生誕200周年記念 レーマーグラス「ローエングリン」
品番:WAG/3510
サイズ:高さ約16cm 容量約250ml

◄レーマーグラス「ローエングリン」

2013年のワーグナー生誕200周年を記念して制作した、特別なグラスウェアです。


ワーグナーの楽劇『ローエングリン』に登場する「白鳥」をモチーフにつくられたグラス。
グラスの正面には長い首を優雅に曲げ、美しく羽を広げた白鳥の姿が繊細にエングレーヴィングされています。裏面にも可愛らしい音符が刻まれています。


白鳥

音符



ユニークな形状が目を引くグラスのデザインは、中世の雰囲気が漂うドイツ伝統の「レーマーグラス」。
太いステムと卵型のカップの、このワイングラスは、ステム部分の突起状の飾りが特徴です。
この独自の装飾は、食事にナイフとフォークを使用する習慣ができる前、食べ物をつかんだ油だらけの手で持ってもグラスが滑らないように、実用と装飾を兼ねたデザインとして考案されたそうです。


卵型のカップ

太いステム


このグラスのフォームには、ライン川にそびえる岩山「ローレライ」の名前が付けられています。
「ローレライ」の川底には黄金が眠っているという伝説もあり、ワーグナーの『ニーベルングの指環 ラインの黄金』もこの伝承をもとに作曲したといわれています。

硬くて軽いカリガラス製の素材 重さの比較

女性スタッフが手に持った状態

とても重そうな作りのグラスですが、テレジアンタールの製品は木灰から産出した酸化カリウムを原料とする「カリガラス」製で、酸化鉛を使用したクリスタルガラスよりも軽いグラスです。
高さ約16cmのグラスですが、重さはわずかに178g、クリスタルガラス製のグラスでは決してこの軽さを出すことはできません。

女性の方でも、たっぷりのワインを注いで、重さを気にせずにワインをお楽しみいただけます。


実際にどれくらい、クリスタルガラス製のグラスと重さに違いがあるのか、重厚なグラスで人気のマイセンクリスタル製の白ワイングラスと比べてみました。


2つのグラスを並べました

(左)レーマーグラス「ローエングリン」
サイズ:高さ約16cm 容量約250ml

(右)白ワイングラス「ブルーオニオン リッチ」
高さ約13.1cm 容量 約120ml


レーマーグラス「ローエングリン」
重さ:178g

白ワイングラス「ブルーオニオン リッチ」
重さ:215g



レーマーグラス「ローエングリン」は、マイセンクリスタルの白ワイングラス「ブルーオニオン リッチ」より約3cmも高く、ステムの装飾も多いのに、40g近くも軽く、量った際は、スタッフ内でも驚きの声があがりました。
重いグラスと、軽いグラス、どちらが良いのかは、最終的には使われる方のお好みになりますが、女性にはやはり軽めのグラスの方が良いのでは無いでしょうか?

ワーグナーとテレジアンタールの関係

王冠を模したテレジアンタールのロゴマーク

ワーグナーの最大のパトロンであった、バイエルン国王ルードヴィッヒⅡ世は、テレジアンタールの設立に関わったルードヴィッヒⅠ世の孫にあたります。夢を追い続けた孤高の王ルードヴィッヒⅡ世は、世界的にも名高い「ノイシュヴァンシュタイン城(白鳥城)」のために、数多くのサーヴィスセットをテレジアンタールに注文したという記録も残されています。

テレジアンタールの歴史については、こちらをご覧ください。


ワーグナーともつながりの深いテレジアンタール。
この不世出の芸術家に捧げたレーマーグラス「ローエングリン」は、ドイツが誇る歴史、芸術、食文化などがすべて詰まった宝石箱のような作品です。
レーマーグラス「ローエングリン」は、ベルナルド・テレジアンタール リーガロイヤルショップと下記イベント会場にて先行販売中です。

テレジアンタールと音楽

テレジアンタールは、このレーマグラス以外にも「音楽」をテーマにしたグラスウェアを制作しています。
例えば昨年の秋に発表された「イニシオン」。
このシリーズでは、3種類の異なるモチーフを刻んだタンブラーを取り揃えていますが、そのなかでもヨーロッパの大作曲家たちを刻んだ「作曲家」は、発売以来、音楽好きの方をはじめ、多くの方からご好評いただいています。


タンブラー「作曲家」

タンブラー「作曲家」
商品番号 :R/INT/C1110 
サイズ:高さ 約8cm、容量 約220ml

グラスには5人の大音楽家たちの横顔が刻まれています。
グラスに刻まれた音楽たち / 音楽の父 バッハ(ドイツ)、神童 モーツァルト(オーストリア)、楽聖 ベートーヴェン(ドイツ)、ロマン派の貴公子 メンデルスゾーン(ドイツ)、ピアノの魔術師 リスト(ハンガリー)

そして、軽やかな五線譜をイメージしたモチーフが可愛らしい「メロディー」。
スマートなカップと、ヴェネチアングラスの影響を感じさせるステム中央の球が特徴です。
ラインナップは、赤ワイングラスや白ワイングラス、シャンパングラスを取り揃えました。

◄メロディーシリーズグラス
左から、白ワイン、シャンパン、赤ワイングラス


白ワイングラス

シャンパングラス

赤ワイングラス



イニシオン、メロディー、両シリーズの他、テレジアンタール商品はジーケージャパンオンラインショップで販売中で
す。

音楽が好きな方へ、テレジタンタールのグラスをプレゼントしてみてはいかがでしょう。
クラシック音楽を聞きながら、お気に入りのワインを開け、楽しいひとときをお過ごしください。

レーマーグラス「ローエングリン」は、ベルナルド・テレジアンタール リーガロイヤルショップと
下記イベント会場にて先行販売中です。

▲ リーガロイヤルショップ 店頭ディスプレイ
■ ベルナルド・テレジアンタール リーガロイヤルショップ
リーガロイヤルホテル(大阪)B1階 TEL:06-6444-6868
アクセス情報はこちら>>

■テレジアンタールブランドサイト:https://theresienthal.jp
■ 全国のテレジアンタール取り扱い店舗こちらよりご確認ください。
■ 数に限りがございますので品切れの際はご容赦ください。


特別展「夢を奏でたワーグナー」会場にてテレジアンタール商品 特別販売のご案内


※特別展「夢を奏でたワーグナー」サイトへリンク(※別窓が開きます)

2013年6月14日(金)より、奈良県文化会館で開催される特別展「夢を奏でたワーグナー」で、レーマーグラス「ローエングリン」を含むテレジアンタール商品が販売されます。
販売期間:2013年6月14日(金)~6月30日(日) 
※イベント開催期間中

イベントの概要と販売に関しての詳細は、こちらのページでご紹介をしております。

カテゴリー: テレジアンタール |

ワイン好きの方への贈りものに最適 ラリック & ジェームス・サックリング コラボレーション・ワイングラス「100ポイント」

5月の母の日も終わりましたが、ご家族で楽しい時間を過ごされましたか?間もなく6月の父の日がやってきますね。
そこで、日頃私たちを温かく見守ってくれているお父様へ、ぜひ何か贈物をしたいところ。
しかし、プレゼント選びに少し悩んでしまうのではないでしょうか?
ジーケージャパンオンラインショップでは、父の日に相応しい、こだわりのアイテムを取り揃えています。
おしゃれなお父様には、マイセンのネクタイ。コーヒーがお好きなお父様には、マイセンコーヒーやベルナルドのカップ。
そして、お酒を嗜むお父様には、上質のグラスウェアなどはいかがでしょう?

父の日のプレゼントにおすすめの商品

お酒のためのグラスも種類が豊富ですね。どんな飲みものにも使えるタンブラーやオールドファッション、おしゃれなステムグラスなど、当オンラインショップだけでも、グラスウェアは200点ほど取り扱っています。
ブランドも様々で、マイセン磁器とのコーディネートが楽しめる「マイセングラス」、際立ったエングレーヴィング技法で名高い「マイセンクリスタル」、貴族的な雰囲気の「テレジアンタール」、上質なヨーロッパのグラスウェアをお求めやすい価格でご紹介する「エルベクリスタル」など多数掲載しています。
それでも、「何を贈れば喜んでもらえるのか?数が多くてちょっと悩んでしまう・・・。」という方に、ぜひお薦めしたいとっておきのグラスがございます。
ワインの本場フランスから、贈物にも相応しい、特別なクリスタル製ワイングラスをご紹介いたします。

「極上のワインを味わうにはそれにふさわしいグラスで」というのはワインを愛する人々の共通の願い。

これまで機能面を重視したワイングラスは数多く出回ってきましたが、実用面だけでなく、美術的価値もあわせもった画期的なワイングラスが、フランスが誇るクリスタルの至宝ブランド「ラリック」より誕生しました。
その名も、ラリック & ジェームス・サックリング コラボレーション・ワイングラス「100ポイント」。

ラリック & ジェームス・サックリング コラボレーション・ワイングラス「100ポイント」

世界が認めるワイン評論家ジェームス・サックリング氏とラリックのコラボレーションによって生まれた、夢のワイングラスです。

商品名:ワイングラス「100ポイント」
(Verre a Degustation 100 Points)
品番:10300200
高さ:22.3cm、径:6cm、重さ:0.21kg

赤や白などのワインの種類や性質、産地、銘柄などにこだわらず、あらゆるタイプのワインをより美味しく味わうために作られた理想のグラスです。

ワイン評論家として30年以上のキャリアを持ち、15万銘柄以上のワインを試飲してきたジェームス・サックリングが、才能あふれるラリックのデザイナー、マルク・ラルミノーと共に議論と試行錯誤を重ね創り上げた至高の逸品です。

最高の評価を得たワインだけに与えられる称号「100ポイント」をそのタイトルとしました。

◄(左)マルク・ラルミノー、(右)ジェームス・サックリング

グラス 各パーツの特徴

上質なクリスタル素材だけが持ち得る、ずっしりとした重量感のあるグラス。
カップの部分は、繊細なワインの味わいと香りを最大限に引き出す柔らかな卵型です。
最高の口当たりを約束するため、ラリックの技術の粋を集め、可能な限りの薄さを実現しました。
このワイングラスは、一つひとつの各パーツが美しく、特にラリックの代名詞ともいえるフロスト加工が施されたステムの質感の柔らかさは「ベルベット・タッチ」と表現されるほどです。
ラリックの技術と芸術性、そしてサックリング氏の知識と経験が込められた究極の逸品といえましょう。


柔らかな丸みのある卵型のカップ

カップの口当たり部分


フロスト加工が施されたステム
グラス、台座部分

このグラスについてジェームス・サックリング氏は
「どんなシーンでも使える魔法のようなワイングラスを作りたいという夢が実現しました。
美的感覚を刺激するステムを握っているだけで、ワインが更に味わい深くなり、至福のひとときを過ごすことができます。」
と語っています。

ワイン評論家として、世界を駆け巡るサックリング氏。
テイスティングの際には、ほぼこの「100ポイント」のワイングラス使用しているそうです。いつでも革製のケースに4客入れて旅をする大切なパートナーだとか。

ワイン通のお父様はもちろん、普段は日本酒党やウィスキー党のお父様におしゃれなプレゼントとして、ワイングラス「100ポイント」はいかがですか?
ワインを囲んで、家族団らんの時を過ごせば、濃密な時間が流れることでしょう。

ジェームス・サックリング氏について

©Alessandro Moggi

1958年、アメリカ、カルフォルニア生まれ。世界的なワイン評論家。
『ワイン・スペクテーター』誌で長年ボルドーワインの評論を担当。同誌の副編集長も務めた。
近年はイタリアワインの評論を担当していたが、現在は『ワイン・スペクテーター』誌を退職し、自らのワインサイト「James Suckling.com」を運営している。
ここでは、彼だけの意見や評論だけでなく、より多様な客観的な情報を共有するため、彼が信頼する世界中のワインのプロのブログも掲載している。

販売店について

ラリック & ジェームス・サックリング コラボレーション・ワイングラス「100ポイント」は、ジーケージャパンオンラインショップ、ラリック・リーガロイヤルショップ他、全国のラリック取り扱い有名百貨店でご購入いただけます。

■ ラリック リーガロイヤルショップ
リーガロイヤルホテル(大阪)1階 TEL:06-6449-0663
アクセス情報はこちら>>

■ジーケージャパンオンラインショップ
ジーケージャパンオンラインショップ 販売ページ

■ 全国のラリック取り扱い店舗こちらよりご確認ください。

カテゴリー: お知らせ |

ラリック 限定香水:クリスタルボトルコレクション2013「リベリュル」

「ラリック」は、世界の美術コレクターに向けて1994年から毎年1種類、香水のクリスタルボトルを発表しています。
ルネ・ラリックの過去の作品にインスピレーションを得て創られるこれらのクリスタルボトルは、卓越した職人の手により制作され、それぞれシリアルナンバーとサインが入れられます。

今年発表されるクリスタルボトルコレクション2013のテーマは「リベリュル(トンボ)」。
アール・ヌーヴォーの時代にモダン・ジュエリーの先駆者と呼ばれたルネ・ラリックは、世紀末のパリを魅了した大女優サラ・ベルナールにトンボをモチーフにしたジュエリーをデザインして、一躍世に躍り出ました。
メゾン・ラリックにとって、トンボは幸運のシンボルです。

◄ボトル 正面から


そして来る2013年。
この華々しい年を祝福し、ラリックを愛する皆様に幸福をお届けするため、トンボは時を超え、新たにブラックというモダンなカラーのクリスタルを身にまとって、現代によみがえりました。
名香「ラリック・ドゥ・ラリック」の甘美な香りに誘われたトンボは、クリスタルの水辺にそっと舞い降り、華奢な羽を休めます。
そのはかなげで神秘的な美しさを、クリスタルのボトルに刻みました。キラキラと揺らめくような羽は、ラリック独自のサティナージュ(フロスト加工)とクリア・クリスタルのコントラストによるもの。
ブラックのカラーが、さらに妖しい魅力と輝きを添えています。

◄ボトル上部 トンボ部分

ボトルに詰められた「ラリック・ドゥ・ラリック」は、1992年に創作されたフローラルとムスクが混じり合う芳醇な香り。
トップノートは華やかなトーンで始まります。
爽やかなブルガリアンローズ、官能的なジャスミン、スパイシーなニオイアラセイトウ(アブラナ科の黄色い花)、気品を漂わせるアイリスの蕾が、香りのこだまとして響き渡ります。
続いてミドルノートでは、カシスの葉のソフトでフルーティーな香りが、ワイルドブラックベリーのかぐわしい香りを伴いながら現れます。
ラストノートでは、官能的なウッド調のベースノートが香ります。
インドのマイソール産サンダルウッド(白檀)のデリケートで柔らかな香り、心地良いブルボンバニラ、ホワイトムスク、アンバーが忘れがたい余韻をもたらします。

貴重な原料が凝縮されたラリック・ドゥ・ラリック。
金の糸で大切に封をし、貴女のもとへお届けします。

商品名:クリスタルボトルコレクション2013「リベリュル」

品番:B21111

2013年度版。シリアルナンバー入り。

◄クリスタルボトルコレクション2013「リベリュル」

全国のラリック取り扱いのある有名百貨店、ラリック リーガロイヤルショップにて販売中です。

■ ラリック リーガロイヤルショップ
リーガロイヤルホテル(大阪)1階 TEL:06-6449-0663
アクセス情報はこちら>>
■ 全国のラリック取り扱い店舗こちらよりご確認ください。
■ 数に限りがございますので品切れの際はご容赦ください。

カテゴリー: お知らせ |