MEISSENメモ(13):日本の柿右衛門様式から学んだ柄「冬の三友」のご紹介

マイセンの柄「冬の三友」をご紹介します。
松を中心に竹と梅を組み合わせたこの柄こそ、マイセンが18世紀に日本の柿右衛門様式から学んだものです。冬を彩る忠実な松竹梅は、今もマイセンで変わることなく描き続けられています。

カテゴリー: MEISSENメモ, マイセン   パーマリンク